女性の転職30代 結婚という不利条件

30代女性転職 結婚という不利条件

30代の女性が転職をする際、男性よりも不利になることの一つが結婚や出産に関することだろう。

最近は男女の就職転職活動において差別がなくなったとはいえ、30代の女性はいずれは結婚して出産するであろうことを前提に転職活動に臨まなければならないだろう。

採用する側の企業としては、せっかく仕事を覚えてもらった途端結婚などの理由で退職や休職をされるのは、おめでたいこととは言え手放しで喜べるようなことではない。

そのため、20代半ばから30代前半にかけて結婚適齢期といわれる年齢の女性の転職は特に「雇って直ぐ、結婚やなにやらでやめられるのではないか?」と思われることが多く、採用する企業としては同じような条件の男性と女性がいた場合、やはり女より男を優先して雇用する傾向にあるようだ。

また、子供がいると、子供にまつわる行事や病気などで遅刻や早退などが増えてしまうということもあり、もちろん、育児をする上では、配偶者と一緒にするということが欠かせないのだが世間一般の風潮をみても、子どもが熱を出せば「休ませてください」と言いやすいのは女性の方なのである。

それゆえに、結果として30代女性の転職はよく考慮した上で慎重に決断した方がいいのだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ


検索エンジン無料登録.comに無料登録

相互リンク集「みんなのリンク」

ネットで稼ぐ!ネット収入でお小遣い

『探偵社/興信所の選び方マニュアル』




アルバイト




RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。